現行回数券等の期間の延長と、旧回数券等の利用中止について(3/27追記)

2019年12月27日

平素より佐久市振興公社の温泉施設をご利用いただき、誠にありがとうございます。布施温泉・穂の香乃湯ともに、令和2年度以降の指定管理者に指定されましたので、現行の回数券・共通入浴券(有効期限が2020年3月31日までのもの)につきましては、そのまま2025(令和7)年3月31日までご利用いただけます。

ただし、上記以外の旧回数券等につきましては、購入時の入浴料との差額(100円~200円)をいただき入浴していただいておりますが、以前(平成31年2月)からお知らせしておりますとおり、この対応は2020(令和2)年3月31日をもって終了いたします。2020年4月1日以降は一切お使いいただけませんので、お早めにご利用ください。

―――

令和2年3月27日追記

コロナウィルス感染拡大防止のため、旧回数券のうち400円と記載のあるものは、2020年4月1日以降使用不可と予定していましたが、2021年3月30日までは差額100円ご負担で利用可能とします。

また、旧回数券(黄色)のうち、有効期限が平成27年3月31日または平成32年3月31日のものは、2020年4月1日以降使用不可と予定していましたが、2021年3月30日までは差額100円ご負担で利用可能とします。

ただし、上記以外の旧回数券は4月以降利用できません。

また、プレミアム商品券・平成31年度すこやかお出かけ利用券も4月以降ご利用はできません。