子鮒の甘露煮入荷しました!

2021年9月22日

長野県佐久地方では秋の味覚として食卓に欠かせない、ちょっぴりほろ苦い大人の味わいの「子鮒の甘露煮」が入荷しました。
伝統の製法で丹念に仕上げた甘露煮は、カルシウムも豊富なうえ、お酒のおつまみとしても最適です。 
ご注文お待ちしております(*^-^*)

☆楽天市場 魚甲商店 「子鮒(こぶな)の甘露煮」3缶入り

/

◆信州佐久便り◆その6◆

今回は、佐久の川魚だより。まず、小鮒(こぶな)。6月に孵化し、水田で育てられたフナは、9月に入ると水田から揚げます。この時期、市内のスーパーマーケットには、生きたままのフナが、酸素と水が入った袋に詰められて売っています。ほかに、佐久鯉や信濃雪鱒(シナノユキマス)が佐久ならではの川魚ですが、最近は信州サーモン、信州大王イワナなどの新品種も見かけます。